Life with reptiles!!

爬虫類との暮らし

爬虫類を飼っていると彼氏・彼女はできないの?

こんにちは。

「爬虫類を飼っていると恋人ができない」という声を最近よく見かけます。現に、「爬虫類飼ったら恋人作れるか心配です」と言われたこともあります。果たして本当にそうでしょうか。





イベントに行けば男女共々で賑わってますし、オフ会に行けば出会いのきっかけも作れます。好き者同士でお付き合いできたら、きっと楽しいですよね。とはいえ、上手くいかなかった場合せっかくできた友人関係に亀裂が走り、狭い世界ゆえ、最悪ネット上に曝される可能性もなくはありません。


あえてリスクをとらないようにするならもう少し身近、職場や学内の異性はどうでしょうか。爬虫類が嫌いな人が多いから無理?それも十分ありえますね。そもそも周りに異性がいないので出会いがない?これが一番大きいかもしれませんね。



周囲に全く異性がいない人は一旦置いといて、少しでもいる場合、そこにいるのは本当に爬虫類が嫌いな人だけでしょうか?
以前勤めていた職場の部署には30人ほどいましたが見るのも嫌というのは一人だけでした。写真を見せた感想は「苦手だけど見るだけなら面白い」、「思っていたより可愛い」、「虫が嫌いだから飼えないけど好き」、「飼えるんですね」、中には「飼ってみたいけど夫がダメ」という方もいました。また、「ヘビだけは無理」という声は少なからずありましたが、全体としては肯定的な声が多かったです。



長くはありませんが、これまでの私の人生の中で悲鳴が出るくらい嫌と言ったのは三人(父方の祖父、母方の祖母、父親)です。このうち、母方の祖母は私が事あるごとに見せたり、説明するうちに嫌いが苦手になり、一部は可愛いと言ってくれるようになりました。
爬虫類に免疫のない友人らも、受け入れてくれるような方が多かったです。そもそも爬虫類飼ってるから付き合えないと言われたこともないです。



少しずつですが、ひと昔前より爬虫類は世間に受け入れられるようになっているのではないでしょうか。気持ち悪いの代名詞のようなヒキガエルですが、ぱくちゃんはウケがいいです。アメフクのプクちゃんはお菓子みたいで可愛いとよく言われます。カメレオンは中々見る機会がないので実物・写真共々面白がって見てくれます。カメに至ってはなぜか「爬虫類」のカテゴリーから外されて、「カメ」として独立しているような気がします。



しかしながら、ヘビは中々難しいようです。
悲しいことに「毒ヘビ」や「人食い」など悪いイメージが強いせいかもしれません。
かくいう私の彼氏もどちらかというと怖い気持ちが強いです。ボールパイソンの梅丸を勝手に買って、連れて帰った日には喧嘩をしています。梅たんに限っては許してもらえて可愛いと言ってもらえますが、最近大きくなってきたのを見るとやはり少々怖いようです。



けれど、ヘビ以外は全般的に受け入れてくれます。もちろん、相談なしに連れて帰ると怒られますが。飼育するのと、増えすぎるのはまた別の問題ですからね。

そう、ヘビ以外はわりと受け入れられやすいのです。

確かに大型種や、特定動物に指定されているような種となると話は少し違うかもしれませんが、「好き」という気持ちと「相手の気持ちを読みつつ、理解されるよう説明する」ことができればなんら難しいことではないと思います。



「爬虫類は苦手な人が多い」
「どうせ気持ち悪がられる」



実際そういう場面もありますが、みんながみんなそうではないのです。好きではなくても受け入れてくれる方はいます。もちろんヘビも同様だと思います。
私は爬虫類飼育者の方が偏見が強いのではないかなと近頃思います。実際に恋人がいない方、結婚していない方がいる一方で、素敵なパートナーがいる方も多くいらっしゃるのですから。



さて、一旦置かれた出会いのない方々。
少し厳しいことを言いますが、それは行動していないからです。
絶世の美男美女でもない限り、待っているだけでは何も始まりません。
例えば、ふらっと飲みに出かけた先でお喋りしてみたらいいのです。それがきっかけになることだってあります。ハードルが高いとかなんだとかは知りません。「それってナンパじゃないか」と思いますが、ナンパの何がいけないのでしょうか。参考までに、以前通っていたBARでは常連客3組が結婚したケースもありました。
吹いたら消えてしまいそうな関係もあれば、根を生やした木のような関係をもあるのですよ。



少し話が逸れました。
お喋りなんですから、相手の話も聞きつつ、爬虫類の話も存分にしたらいいんです。どうせもう会わない相手かもしれないのですし、酒の勢いで愛を語るんです。食いついてくる方も多く、自分自身楽しい時間を過ごせますし、そうこうしてるうちに好い人と巡り会えるかもしれません。



もしくは婚活系アプリ。
いわゆる出会い系とは異なり、真剣な交際を目的としたクリーンなものが多く、使いやすいのではないでしょうか。ここでもプロフィール欄などに爬虫類を飼っていること、爬虫類を好きなことをしっかり記入しておけば、なかには良いと言ってくれる方もいると思います。ご自身の年齢がある程度の人、結婚を前提とした付き合いがしたい人には案外いいかもしれないですね。



ものは試しなのでなんでもやってみてください。ラブストーリーは突然に、ですよ。

恋人や結婚相手がいらないよという方はこれまで通り爬虫類をたくさんたくさん愛して、もしくはそれ以外の趣味も謳歌しつつ幸せな時間を過ごせたらいいですね。どちらであっても楽しく生きるのは素晴らしいことです。




最後に、行動しているけど何もないという方。
恋愛アドバイザーでもなんでもないので、もう頑張れ!としか言いようがありません。
敢えて言うなら、異性を惹きつける魅力がないのかもしれませんね。人間的な魅力とは少し異なるのでそれはもう自分を見つめ直すしかないですね。ペトラルカの如く、自分自身より崇高な対象を対話相手にしてみたら冷静になれるかもしれませんよ。



爬虫類・両生類を飼っているから恋人ができない、ましてや必ずしも結婚できないなんてことはありません。
爬虫類・両生類はなんも悪くない。
全ては自分次第です。






Twitter



Instagram
https://www.instagram.com/p/BbO60T9HcGm/
見おろして甲羅見つめて白い線 ここへ来たのは梅雨の日のこと#ダイヤモンドバックテラピン #テラピン #ノーザン #キタダイヤモンドガメ #カメ#爬虫類 #短歌 #Diamondbackterrapin #terrapin #turtle #reptile #tanka